きな粉もち.net

.NET関連仕事に携わっています。OSSのソースを読んで気がついたことを中心に呟いたりブログに投稿したりしています。最近はUiPathを使ったRPAも研究中。気軽にフォローやツッコミよろしくおねがいします! Gitはここを使っています https://github.com/kinakomotitti

Visual Stuidioの診断ツール

Visual Stuidioでデバッグ実行しているときに出てくる「診断ツール」。

f:id:kinakomotitti:20171029010820p:plain

 

これまで「このウィンドウを表示していると、デバッグ実行中のパソコンが重くなる」という噂を信じてウィンドウを消していました。

今回、log4netの内部についてデバッグ実行して中の動きを確認しようと思ったときに、この機能を使えば作業がはかどるのではないか。。。と思い久しぶりにウィンドウを表示させようと思いました。

しかし、診断ツールがみあたらない・・・

f:id:kinakomotitti:20171029011342p:plain

 

じゃ・・・じゃあとりあえずInteliTraceだけでも出しておこうと[デバッグ]メニューを開いてみました。

 

f:id:kinakomotitti:20171029011648p:plain

こちらはすぐ見つかりました。

InteliTraceイベントを選択して、InteliTraceのウィンドウを開きます・・・

 

f:id:kinakomotitti:20171029011930p:plain

 

・・・なるほどですねw

診断ツールって、InteliTraceのためのツールってことなのですね。

勉強不足でした。

InteliTraceについてもう一度勉強しなおしたいと思います。

 

 

なお、InteliTraceについては、いかのMSDNのページで詳しく紹介されています!

Visual Studio 2015 - IntelliTrace を使用して迅速に問題を診断する