きな粉もち.net

.NET関連仕事に携わっています。OSSのソースを読んで気がついたことを中心に呟いたりブログに投稿したりしています。最近はUiPathを使ったRPAも研究中。気軽にフォローやツッコミよろしくおねがいします! Gitはここを使っています https://github.com/kinakomotitti

Visual Studio ✖️ クリップボードの切り替え ✖️ Ctrl + Shift + V

Daily .NET Tipsの記事で、コードの複製についての紹介がありました。
この記事の自分なりまとめと、実験をしている時にふと気がついた機能について紹介します。
その機能は、

クリップボードの切り替え

です!

名前からして分かりますが、クリップボードにコピーした情報を世代管理することで、過去にコピーした情報を呼び出すことが可能となる機能です。
Ctrl + Shift + Vを実行すると、最新のコピー情報から、20世代過去のコピー情報までアクセスすることができます。

実行例

以下の数字を1から順番にコピーしていきます。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21


コピーが終わったら、Ctrl + Shift + Vを押してみます。
すると、以下のように、最後にコピーされた21が表示されます。
f:id:kinakomotitti:20180205091013p:plain

また、そのままCtrl + Shift を押し続けた状態で、もう一度 V を押下すると、その一世代前のコピー情報である20を表示することができます。
これを繰り返して行くと、最終的に、2まで行った後、1を表示せず、21に戻ってきます。
上記理由のため、「20世代まで」と言っています(´・ω・`)

注意点

例えば、18でクリップボードの切り替えを終わった場合、次にクリップボードの切り替えを行う場合は、18から始まることになります。
常に最新の情報が初めに出てくるわけではないということですね。
まぁ、クリップボードの「切り替え」なので、切り替えた先からスタートするのがただしいですよね。

まとめ

繰り返し使う情報をコピペする場面があれば、ぜひ「Ctrl + Shift + V」を使ってクリップボードを使ってみてください!
※この機能は、VisualStudio2017最新版でも利用可能です!